MIX46015

結婚と性関係

結婚と性関係の結びつきが、どのようにして生じたか、また、そうした考え方が比較的さいきんのものであることが、これでわかったとおもいますが、同時に、その考えが古い考えに対する一種の反動として生じたものであることも知らなければなりますまい。
その意味では、結婚における性関係の強調は、近代的ではあっても、現代的ではないというべきです。なぜなら、すでに述べたように、性関係はほんらい個人の自由に属すべきもので、現代の結婚は本質において法によって規制をうけている家族制度であるからです。
もちろん、個人の自由である以上、夫婦が性関係をもったとしても自由であり、そのことを否定しようというのではありません。それどころか、あとで述べるように、現代の結婚においても、性関係はあるていどの重要性をもつことも事実です。
ただ、ここでたいせつなことは、結婚を性関係と同一視したり、結婚における性関係をあまりに強調しすぎることは、まちがいだという点を忘れぬことです。
あなたはここで→結婚相談所 一年以内 出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?
現代の結婚においては、性関係はひとつの要素でしかなく、また不可欠の要素でさえない、ということをもっと多くのひとが知る必要があります。性関係を理巾に離婚を認めるようなケ-スが多くなったら、現代の結婚はいたずらに混乱してしまうでしょう。

EC051_L

日本と欧米の男女の違い

家庭でも多くの夫は、妻が新しい洋服を着ていようが、髪の毛のスタイルを変えようが、気がつかない。半年もたってから、「あれ、それいつ買ったの」と驚く始末。
これでは妻が夫のために装う気を起こさないのは当然ではないか。
「女は己れを悦ぶ者の為に顔づくり」し、「士は己れを知れる人の為に死」ぬといわれるように、装いをはじめとして、男が自分を評価し、
アドマイア(讃美)してくれることばに敏感でない女はいない。日常生活のなかで、ほとんど男たちに無視されているにひとしい日本の女たちは、
一度(ひとたび) そうでない欧米の男と接触すると、驚くほど新鮮な喜びを感じる。
「日本人は私には、鋼鉄でできているように見える。正確で、迅速で、無表情で!」
数年前、ストックホルムの小さなホテルでキャッシャーの老人が言ったことばを思いだす。

欧米人には鋼鉄のように見える日本の働き蜂。彼らは女にたいしても、無表情をきめこむことの多い人びとである。
彼らが女性にとって、面白くも、おかしくもない人間であることはいうまでもない。
さて、第二に、第一の条件と矛盾しているようだが、「いい男」とは、女を人間として認めてくれる男である。
最近ではさすがに、「女に何ができる」だの、「男と女は人間と猿ほど違う」だの、「女は脳味噌が小さい」などと口走る男は見当たらなくなった。
しかし女を男とおなじ人間として考えている男の数はそう多くはない。
もちろんこれは男性の責任ばかりではない。女がまだ、男と同じ社会的な場におかれていないからである。
彼女たちは、自分たちも男と同じ能力や資質の持主であることを立証する機会がないのだ。
現代社会では日本もだんだん欧米化しており、男性の女性に対する振る舞いも過去の日本とは変わってきている。
ここで→出会いがない 社会人 素敵な日本人を探してみてください。きっといますよ。現代なら。

[Top]
EC050_L

日本男子は女性の喜ばせ方を知らないか

敗戦後、アメリカ人をはじめとして日本にやってきたガイジンたちは、「妻にするなら日本の女」と貞操堅固を謳われた日本の女たちが、
意外にやすやす自分たちに身を任せるのに驚いていた。
私は「日本の女ほど口説きやすい女たちはいない」と豪語していたドイツ人を知っている。
べつにたいそうな美男子でもなく、どちらかというと「むくつけき」男の部類に属する大学の先生であった。
ガイジンが日本の男より、人間としての本質で立ちまさっているわけではない。しかし彼らが日本の女にもてるのは、はっきりした理由があるのである。
一言でいえば、彼らは日本の男たちより、はるかに女を喜ばせることを知っているのだ。
もっとはっきりいえば、彼らは女の目から見て、日本男性よりはるかに「いい男」なのである。
では女にとって「いい男」とはどんな男なのだろう。それはまず第一に、女を異性として認めてくれる男なのである。
「女の人って、どうしてドン・ファンが好きなんだろう」かつてある人にきかれたことがある。
まだ若かった私は答えにつまった。(今ならすぐ答えられるのになあ)女はどんなにすぐれた男であっても、異性として自分に興味を示さない男は好まないのだ。
そんな男は女にとって、なきにひとしいではないか!
まじめ一点張りの男より、だから女にとってはドン・ファンの方がよほど存在価値がある。
大体日常的に、日本の男は女に興味を示さない。美しい女が通りかかると、「ケ・ペルラ!」(きれいだね!)
と声をかけるイタリア人とまではいかずとも、隣りの奥さんでもドレスアップしているのを見かければ、「今日はすてきですね。そのドレス似合いますねえ」
くらいはいうアメリカ男にさえ遠くおよばない。
わっ美人だ、と女の私でさえ振り向いてしまうような美人を見掛けても、日本男子はほとんど眉毛一本動かさずにさっさとすれちがってしまう。
職場で同僚が、新調の洋服を着て現われてもノーコメント。
現代日本人はだんだんと女性の喜ばせ方が分かってきている人が増えています。←ここから探し出してください。
きっと幸せになれますよ。

[Top]
EC049_L

本当に日本にはいい男がいないのか

シングル生活を選ぶ女が増え、その分結婚したくてもできない男が増えているという現在の状況は、蒸発妻を持つ亭主の状況にちょっと似ている。
女が何を求めているか、何を考えているかをもっと的確につかむことさえできれば、それほどひどい目にあわずともすむものを・・・。
女にとっての「いい男」になることに励みさえすればよいものを・・・。
しかし日本男性が「いい男」になることはなかなかむずかしい。この国には彼らがそうなれない文化的伝統がしっかりと根付いているからである。

一年ほど前、『シカゴ・トリピューン』が日本特集を組む企画を立てて婦人記者を「わいふ」に送りこんできたことがある。
「家庭内離婚」についてききたい、というのだった。
長い時間をかけて説明したのに、彼女の疑問は、自分のしっぽを追いかけて、くるくるまわる犬よろしく、いつも同じところに戻ってくる。
「でも、そのひとたち、なぜ離婚しないんですか?」

私はとうとうわめいてしまった。
「なぜって、離婚してみても、他にいい男がいないからですよ!日本の男はどれもこれも、似たりよったりだからですよ!」
彼女はこれで完全にナットクした。トリピューンのデスクもナットクしたらしく、記事のその部分には私のことばがそのままのっていた。
本当に日本にはいい男がいないのか?出会い系 サクラいない ←こちらからあなた自身の目で確認してみてください。きっといい男がいますよ。

[Top]
EC048_L

結婚生活反面教師

「蒸発妻」というルポを読んだことがある。著者自身、妻に蒸発された人であった。それがきっかけとなって、この本を書くことを思いたち、取材をはじめたという。
はじめてみて驚いたのは、妻に蒸発された夫たちが口を揃えて、なぜ妻が蒸発したのかさっぱり分からない、何ひとつ思いあたるふしはない、と言い立てていることだった。
夫たちのほとんどはまじめ人間。ギャンブルに女狂い、暴力亭主というのなら話は分かる。
しかし自分たちは毎日懸命に働き、月給はきちんと妻に渡し、道楽もせず、妻をなぐったこともない、その自分がなぜ・・・と悔し涙にむせんでいる。
自分自身、なぜ妻に蒸発されたか分からないでいる著者も、彼らとともに分からない、分からない、を連発している。
ここが面白い。(といっちゃ悪いかな)
妻たちはある日突然、蒸発を思いたつわけではない。その前に、必ず夫にサインを出しているはずなのだ。しかし夫たちは、聞く耳持たなかったのである。
オレはこんなにまじめに働いているのに、何をゴチャゴチャ言っている。いい加減にしてくれよ、女というのはほんとに下らん・・・。

要するに、夫の「役割」だけを几帳面に果たしている自己満足、まじめがすべて、と思いこんでいる無関心が、妻の蒸発の原因になっているということが、彼らには分からないのだ。パートナーの心の問題、性の問題に無関心に、「夫の座」にあぐらをかいていた日常が、妻をうんざりさせていたということが、分からないのである。
そして妻に蒸発されてもなお、彼らはそのことに気付いていない。その無感覚はおそろしいほど。

これと反対のケースはこれまでによくあった。非のうちどころなく「役目」を果たしている良妻賢母の妻を捨てて、夫が他の女に走るケースである。
しかしそういう場合、自分の役割を果たすことに懸命で、性的魅力や夫への心づかいに無関心だった妻側の欠点は、他人にも指摘され、妻自身も反省する場合が多かった。
夫の場合にはその反省がまったくみられないところが特徴的である。
後悔しない結婚生活を望むなら、相性の良い相手を結婚相談所 30代 ←こちらから見つけてください。

[Top]
EC046_L

結婚生活そして老後は

夫が自立する機会を全部奪っておいて、六十歳の定年を迎えたら、どうぞ自立して下さいというのは虫が良すぎる。
夫の立場から言えば、何十年も自分の稼ぎで食べて来たのだから、定年後は、そばにいて一日中世話をしてくれるのが、妻として当然と思うのも無理からぬことではないか。
六十歳をすぎて、夫婦でイガミ合わないためにも、今から対策を考えておく必要があるだろう。
「自立」のつぎに大きな問題は「経済力」である。公的年金や夫の厚生年金で充分な老後が暮らせるとは思われない。
子供の数は少なく、子供自身も老齢に近づいている。とても親の老後を全面的に引き受けることは無理だ。
社会的に高齢化が進むなかで、若年労働力が不足し、寝たきりになっても介護する人手は少なく、当然、料金も高くなるだろう。

そんな高齢化社会での一番の解決方法は、老人も働いて社会に参加することだろう。とくに女性は元気で長生きするので、家庭内の母親役だけで終わるのはもったいない。
また、社会全体の流れとしても、女性が夫の収入にのゑ頼って、家庭内の家事労働だけで一生涯を終わるのは不可能な状況になってきている。
夫も妻も社会に出て収入を得ることは、お互いに他を犠牲にしないで自己実現ができ、子供との関係も良好になる幸福への道なのだ。
長寿社会を、どのように楽しく生きるかを考えてゑても、夫まかせ、子供まかせの生き方では不可能であろう。
従って、そこから導き出される結論は、「より早く自立した者が勝ち」ということである。
幸せな老後の為の素敵な結婚相手を探すなら、←こちらから。

[Top]