婿かしづき

「源氏物語」にも出てきますが、〃婿かしづき″という言葉があります。これは、青年貴族が有力者の娘のところに通って、その有力者の庇護によって立身出世しようと策し、有力貴族のほうでも将来有望な青年貴族を迎えて娘の婿にして大事にすることをいいました。一般庶民から貴族まで、世の男性は皆〃逆タマ〃を狙っていたといっても過言ではないのです。最高の地位である天皇にしても、最有力な貴族の娘をもらっていないと即位することは困難でした。この先、天皇に即位したいと思えば、最も権勢を有する貴族の娘をもらわなければならないとなると、政治情勢を正しく読んで、その娘の婿となる必要があります。実際、その当時の日本では、藤原道長系の娘と結婚した皇族たちが次々に天皇となっていったわけです。光源氏が貴族として早く昇進したのも、当時の左大臣の娘であった葵の上を正妻に迎えることができたからです。ところが彼は、そうして昇進したにもかかわらず、自分の庇護者気取りでものを言う葵の上が煙たくてしょうがありませんでした。そのため、葵の上にはあまり寄りつこうとせず、あげくの果てに、最も極端な不倫といってもいい、父親の側室(藤壷)に手を出したり、父母代わりの祖母を亡くした孤児(紫の上)を拉致してきて正妻同様にあつかったり、あるいは自分を社会的な破滅に導くような、ライバル政治家の娘(朧(おぼろ) 月夜)と密通したりしています。趣味などが合うパートナー探しなら←ここから探しましょう。

EZ059_L